スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットファイル 3

今、ここに感謝を。より
http://5th-dimension.cocolog-nifty.com/blog/scott_file.html

Posted by C.E. Carnicom on Behalf of the Author:
Gwen Scott, N.D.
Jan 27 2008

believe in time we will find that EVERYONE has “Morgellons” syndrome.
私達誰もが“モルジェロン”症候群に罹っていると気付く時がくると信じています。

That EVERYONE, whether they are presenting sores or not, is carrying fibers, fungus, luminescent material, etc.
人々に傷などが現れていようが、そうでなかろうが関係なく,誰しもが繊維、真菌(カビ)、発光物質などを体内に持っています。

Mr. Carnicom’s most recent work would certainly lead us in that direction.
カラニコム氏の最新の研究は私たちを確かな方向へ導いてくれることでしょう。

Again, work with a professional who understands and has the expertise to help you towards wellness.
再度、専門的知識を持っていて健康へ向けあなたを手助けしてくれる、理解ある専門家と一緒に活動してください。

I will update this journal with new information as it appears.
新しい情報が出現次第、この闘病記を更新する予定です。

Stand in The Light
光の中で立ち上がって

Blessings and Good Health
祝福と健康を

Gwen Scott, N.D.
グエンスコット,N.D.

Update
更新

Gwen Scott, N.D.
グエンスコット, N.D.

Many thanks to the gentleman with scientific information who contacted me regarding my paper.
私の文書を見て科学的情報をくださった紳士の方、大変感謝いたします。

He told me that black lights have “short” or “long” waves.
彼はブラックライトには“短波” 又は “長波”があると教えてくれました。

He said the short wave type is harmful to the eyes if a person looks into it for a period of time.
彼は、もし暫くの間ブラックライトで人の目を調べるならば、短波タイプは有害であると教えてくれました。

He also told me it should be labeled either “short” or “long” wave on the tube.
彼はまたブラックライトの管には“短波”か“長波”どちらかラベルが貼られるべきだと言いました。

So, if you are going to look into your eyes, or use the black light on another person, please make sure it is a “long” wave light.
従ってもし目を調査するか、或いは他人のブラックライトを使おうとしているならば、それが“長波”であることを確認していただく様、お願いします。

Another point from this gentleman…he said I really should be using the term“fluorescent” instead of “luminescent” when describing the material that glows.
この紳士からのもう一つの指摘・・・私が輝く物質を説明する際、“発光性”の代わりに“蛍光性”という用語を実際は使うべきだと指摘されました。

*********************************************


コーヒーブレイク


実はこの文にたどり着くまでは、これまでに登場した「luminescent material」は全て蛍光物質と訳していましたがこの“fluorescent”(蛍光性)という単語の指摘により区別がつかないので、「luminescent material」は全て発光物質と置き換えてしまいました。


*********************************************

As it seems to reflect, rather than generate light, I think it makes sense.
それは光が発生しているというより反射するように見えるので指摘は、的を射ていると思います。

I thank everyone for the feedback and look forward to some more scientific input.
皆さんからのご意見・ご質問に感謝します、それと今以上の科学的情報のインプットを楽しみに待っています。

I know Mr. Carnicom has been waiting for help on his end as well.
カラニコム氏サイドも彼を助力してくれることをずっと待ち続けています。

I would like to emphasize again that Herring’s Law of Cure is very important in this process of clearing the body of unwanted “debris.”
肉体から不必要な“瓦礫”を除去する過程で、ヘリングの治療法則がとても重要であることを再度強調したいと思います。

Once again, be thankful if your body has the health and strength to push fibers, “plastic,” and other unwanted invaders out of you.
もう一度、あなたの肉体が体内から繊維、“プラスチック”および他の不要な侵入者を押しやるだけの健全さと抵抗力を持っているならば、感謝してください。

We have been trained to believe that any “outbreak” should be immediately suppressed.
私達はこれまでずっと、どんな病気の“発生”も直ちに抑えこむことが当然だと教え込まれてきました。

In natural medicine the opposite holds true.
自然医学では正反対のことがを当てはまります。

We see this process as a sign of a healthy immune system and strong “chi.”
私達はこの過程を健康な免疫システムと強い“気”の証であるとみなします。

Finally, a few years ago I wrote a general paper for this site with specific suggestions for mitigating “Chemtrail” sickness.
最後に、数年前、私はこのサイトのために“ケムトレイル”の病気を緩和させる具体的な提案の概論を書きました。

Although new information and scientific findings have come to light, the presentation could still be of help to you (Natural Medicine For These Times.)
新しい情報と科学的な調査結果が明るみにでましたが、提示内容は今もってまだ、あなたへの助けになるかもしれません。(こんな時代のための自然医学)

“Get Onboard“ Dorothy Love Coats Gospel Singer
注釈:ゴスペル歌手と曲を紹介したいみたいです。
参照:http://www.amazon.co.jp/Dorothy-Coates-Original-Gospel-Harmonettes/dp/B000000QMQ

Many Blessings and Good Health
多くの祝福と健康を

February 9, 2008…Quick Update
2008年2月9日・・速報
 
I discovered this morning that combining a few therapies can increase the productivity of the wine/teeth therapy quite a bit.
私は、今朝、いくつかの療法を組み合わせるとワイン/歯の療法の生産性をたいへん高めることができることを発見しました。

For a few years now I have taken three to four Q-tips soaked in hydrogen peroxide and gone around the area where my teeth meet the gums.
ここ数年来、私は3~4本の綿棒を過酸化水素の中に浸して、それを歯と歯茎の境目に隈なく(くまなく)塗って行き渡らせていました。

I follow this with flossing and rinsing with the Miracle II Neutralizer.
私は、これに続いてミラクルⅡ、ネイトレライザで一緒に歯を磨き水ですすいで洗浄しています。

Today I immediately followed that therapy with the vigorous swishing of red wine and was astounded at the rate of production.
今日、私は、すぐに続けて赤ワインで活発にクチュクチュ音をたてながら療法を行い、(繊維が)出てきた量の多さにビックリ仰天しました。

The amount of material (fibers) expelled was at least four to five times more than I get using the wine therapy separately.
出てきた繊維の量は、私がワイン療法を単独で行って出てくる量より少なくとも4~5倍は多く出てきました。

You might want to give it a try.
試してみてはいかがでしょう

Many Blessings
多くの祝福を

Gwen Scott, N.D.
グエンスコット,N,D,

 

 


 (以上、情報提供、翻訳、注釈:にしのうえ様。 感謝。)

 
スポンサーサイト
プロフィール

yezhapp

Author:yezhapp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「小倉百人一首」
問い合わせ先
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。